生命保険のしくみ

生命保険の役割についてはほかの記事にも書きましたが、死亡保障・医療保障・老後・貯蓄保障の役割がある、というのを知りました。では、生命保険の種類というか、基本型ってナンダ??と思って営業さんに聞いてみたら、これまたややこしい!役割と基本型は違うんですねー(-_-;)。基本形は3つに分かれていて

・定期保険・・・決まった機関の保険期間内に死亡または高度障害状態になった場合に保険金が支払われる死亡保険。生存給付はなく、掛け捨て型。

・終身保険・・・死亡保険の一種。死亡保障が一生続き、生存給付はない。

・養老保険・・・死亡保険+生存保険。保険期間内に死亡または高度障害状態で死亡保険金もしくは高度障害保険金が支払われる。保険期間満了時に生存していたら満期保険金が支払われる。

これだけ聞いてもまだわかんない感じですが(-_-;)、とにかくこの3つが土台なんだそうで・・・そのうえでにーうに合わせていろんな保障を載せていく、というわけです。とりあえず形としてはこの3つだけ覚えておけばよさそうですね。
私は養老保険にも入ってます(たぶん(-_-;))。貯蓄性も高くて満了時にもお金がもらえる、というので保険屋さんに勧められましたが、保険料は高いです(泣)入るかどうかは家のお財布と相談したほうがいいですよ。