契約時の注意点

保険の契約ってややこしい書類がいっぱいあるので、私たちには一つ一つの書類を読む暇なんてとてもないです!保険の営業さんが言うがままにサインをしていくだけでしたし、渡された書類はほぼ手つかずで残ってます(笑)。
ですが、書類にもなくしちゃいけないものが結構ありまして・・・それが、「約款(やっかん)」です。ものすごーく細かい字で何かが書いてある小冊子です。
実は保険証券って、なくしてもたいして困らないんですよ。ほとんどの保険会社は請求の時は証券は必要ないですし、満期や解約の請求も実印と印鑑証明さえあれば手続きできるんです。ですが、約款は保険会社との契約内容の詳細がすべて書いてあるものです。なので、普段見ないとしても保管しておくべき書類としては保険証券よりも上なんですよね。というのも保険の営業さんから教えてもらったから知ってるんですが(笑)。よく、約款などの書類はなくしてしまうんだそうで・・・保険会社との契約を細かく覚えている人などいないですし、「あの契約ってどんな契約だったっけ?」というときに約款は必要なんです。そして契約内容を確認する必要がある時って、ものすごーーくたまにですが訪れることはめずらしくはないんです。その時になって約款を探してもほとんどの場合が見つからないでしょうから(^_^;)、なくさないように保管しておきましょう。
ちなみに約款は「ご契約のしおり/約款」になっている場合がほとんどだと聞きました。ご契約のしおりは約款の簡易版で、このしおりにさえ目を通しておけば大丈夫です。ですが、保管するときは保険証券とともに約款もきちんと保管しておきましょうね。